スズキミナコ(鈴木モモ)


 幼少時にピアノを習いはじめ、9歳の時、ハンガリーの作曲家コダーイが創案した

教育システムの合唱団に入団。ハンガリーの独特な音階の民謡や、
日本のわらべうたなどを中心に、歌やソルフェージュを習い親しむ。
(この時の体験が人生に少なからず影響している。)
その後、音楽大学に入学するも音楽には携わらず、アートギャラリーに勤務。

2002年にストリングラフィに出会ってから音楽を再開。
ストリングラフィ奏者(鈴木モモ)として活動、多くの舞台を経験し現在も活動中。
ストリングラフィ奏者として活動中のとある時期から、食や農、

自然と人との共存に興味を持ち、独学で学んだヴィーガン料理をカフェなどで提供。

その後は生まれ育った家の一部をオープンスペースにしてminacha-yamとして
イベントを開催している。現在は主に口琴倶楽部、小さな旅のお話会。

 

ストリングラフィではストリングラフィの新たな可能性を探る

「stringraphyLabo」という実験室を主宰。

さまざまなアーティストとのコラボレーションを行う。

ストリングラフィ奏者として活動してきたものを
一人でも少しずつ外へ広げていこうと

「stringraphyLabo」として新たに活動をはじめます。

StringraphyLaboのサイトは新たにこちらに移行しました
http://stringraphylabo.com/

 

 minacha-yamでのイベントは現在お休み中です。​
(2017年8月〜)
 


 

人と自然と芸術と
さまざまな色彩が織りなす虹のように、

ワタシの宇宙をココに。
 

​HOME